まな蜜柑の日記です。お得情報、文芸評論、慶應通信、世界一周、芸能活動のことなど書いています。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まな蜜柑日記~東京女子のお得生活~

読者登録大歓迎。この一度きりの人生をわかちあおう。

【DeNAの件から考える】クラウドワーカーが考えるべき、記事の価値の3つのポイント!

どーも。ライター歴10年のまな蜜柑(@mana81900)です。

日経新聞を購読しているのですが、12月2日に『WELQ』が全記事非公開になった記事を目にしたとき、「あぁ、ついに来たか」と思いました。

f:id:manami819:20161206110400j:image

 そして12月6日の新聞記事では『MERY』を含めた10媒体の全記事が12月7日に非公開になる、と報道されました。

f:id:manami819:20161206110250j:image

昨年の6億2000万円の赤字(2015年)→800万円の黒字(2016年)→10億円の黒字(2018年)を見込んでいた矢先の事態なので、拡大を見込んで投資をしていた中での出来事です。

 

おそらく納品済みで公開待ちの記事、発注済みの案件も相当あるでしょう。

 

私も会社に登録しているので、『WELQ』などDeNAのキュリエーションサイトの仕事を紹介されたことがあります。

 

他の案件を抱えていたので、この仕事は引き受けていませんが、とにかく沢山の記事を、アクセス数のとれる記事を、という社風があるから、専門家ではないクラウドワーカーにもお声がかかるわけで、記事の信頼性は薄いと言って良いでしょう。

 

学問の世界では文章の剽窃や引用には細心の注意が払われますが、通常のライティング案件では、画像の無断借用と文章の丸写しは厳しくチェックされる反面、内容の真偽は問われない場合が多いです。

 

指示書に「どうしようかなぁ、この内容」というものがあっても、何とか記事にする。

そういったものが多いんですね。

 

結果、DeNAの中で最大のwebメディア、『MERY』もクローズする事になってしまったのは残念ですが、webであっても、『ものを書く』という事を考え直す良い機会だと思います。

 

『MERY』の公式サイトには以下のお知らせが出ています。

MERYを運営する株式会社ペロリ(以下ペロリ)では、誠に勝手ながら、12月7日(水)に全記事を非公開化することを決定いたしました。

本件の概要につきましては、株式会社ディー・エヌ・エーのプレスリリースをご参照ください。
http://dena.com/jp/press/2016/12/05/1/

ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

MERYの全記事非公開化の期間に関して、現時点では復帰の具体的な目処が立っておりませんが、一日も早い復帰を目指し、ペロリ経営陣・従業員一同、誠心誠意努めて参ります。

クラウドワーカーが考えるべき、記事の価値の3つのポイント!

私がクラウドワーカーとして整体師と物書きをしていて、心がけている3つのことがあります。

 

1、きちんとした体裁になっているだろうか?

整体で、きちんとした部屋で、ふさわしい服装で行うと効果が高まるように、

きちんとした体裁、文章の入れ物を用意するのはとても大切です。

太字や文字の大きさや段落など、整っている事で、中身が伝わります。

 

2、内容が具体的だろうか?

ネットでは、クリックしなければ記事は読まれません。

本や新聞は流し読みをして、気になった言葉から読む事ができますが、ネットの記事ではその指が触れたくなる言葉を、記事のタイトルやジャンルに入れる事がとても大切です。

 

3、真善美の哲学があるだろうか?

この情報は、世の中をよくするだろうか?

この情報は、読んだ人が幸せになるだろうか?

この情報は、読んでいて、読み進めたくなる文章だろうか?

と言うことですね。

 

私は、『本当に善いものは滅びない、誰かが大切にして後世に残してくれる』と思っています。

 

目先の話でなく、何年経っても読まれる文章を書きたいものですね。

 

記事が消えてしまった方もいると思いますが、もっと良い記事を書いていきましょう☆

 

今日も良い一日を祈っています。

 

まな蜜柑より。