まみーの日記です。お得情報、文芸評論、慶應通信、世界一周、芸能活動のことなど書いています。

まみーの日記♡くせ者でゴメンナサイ♡

美容、おトク情報に、時々エロス・・・。くせ者ならではの視点で気になった情報を綴ります。

働く喜びと日本人の身体の「型」について。

渋谷金王丸伝説、無事終了しました!

 

この舞台は7年前に渋谷区の伝承ホールのこけら落とし公演として始まった、渋谷区の事業で、応募者の中から選考の末に選ばれた一般市民が3ヶ月ほど稽古をし、市川染五郎さん、尾上菊之丞さんと共に舞台に立ちます。

f:id:manami819:20161128050547j:plain

浮世絵の翻訳の仕事をしていたので、自分の身体で「傾奇」を表現することが出来て、とっても嬉しく思います。

 

「見得」や「六方」など、歌舞伎の型がダンスの中に盛り込まれているのですが、歌舞伎の型は体幹から同心円状に組み立てられていて、無理なく大胆に身体を動かす事が出来るように設計されています。

 

型の3つのメリット

1,素早く動ける

武道をやっていた方なら、「型」の快感についてご存じかと思いますが、

「型」があると、考えないで素早く動くことが出来ます。

社交ダンスやフォークダンスなども、ステップを覚えれば、曲がどんなに速くなっても綺麗に踊れますよね。

「型」が身についていると、覚えるより先に身体が動く領域に行けるので、基本速度も上がり、ハプニングに対処する瞬発力も付きます。

 

2,疲れずに動ける

「茶摘み歌」「酒造り歌」などの「仕事歌」に代表されるように、日本人は楽しく、無理なく、結果的に効率的に仕事することを「美徳」としている風潮があります。

 

型があると、疲れずに沢山の仕事が出来るので、特に農作業などの肉体労働では1日の仕事が大体決まっているので、それを早く終わらせることが出来ますよね。

 

仕事を早く終わらせると何が出来るのか。炊事、裁縫、縄ない(わらを編むこと)など家の仕事をする事が出来ますし、村の集まり(地域のこと、火消し、農業、祭りなど様々な集まりがありますね)に参加したり、歌を詠んだり、本を読んだり、書をしたためたりといった趣味の文化活動を行うことも出来ます。

 

国立近代美術館の企画展、「安田靫彦(やすだゆきひこ)展」に行ったときに「昔の人は生活を飾ることにかけては今の人の何倍も上手だった」という言葉を目にして思ったのですが、日本人っておそらくお金の貯蓄の風潮はないけど、多分時間の節約の風潮はあったと思うんです。

 

そして、「楽しく時間を過ごそう」ということにかける情熱は誰にも負けなかったと思うんです。

 

日本の和歌と漢詩は、作るスピードが全然違うと言います。

漢詩は「漢詩表」のようなものがあって、音韻や対句など、言葉の組み替えで、いくつものパターンを作る事が出来ます。

 

対して、和歌は575、俳句は季語の使用など、なんとなくのルールはありますが、基本的に無限に近い言葉から、自分の感覚にはまる言葉を選び表現するので、歌作りに終わりがなく、推敲にも時間がかかります。

 

こんなに効率的に動く日本人が、なぜ、歌作りは効率的に行わないのか?

 

答えは、「その時間を楽しむため」だからではないでしょうか。

 

茶道なども、あえて時間をかけて茶を味わうために設けられた作法ですよね。

 

人生は儚いから、何かを自分の人生で表現する。

 

台風、火事、飢饉など、天災が多い地理気候だからこそ、四季や喜怒哀楽を味わい、楽しみを作り出す風土、そして仕事を早くこなす風土が生まれたんじゃないでしょうか。

 

3,別の人格となって動ける

型があると、大胆になれたり、ひょうきんな事を表現したり出来ますよね。

太極拳に「虎のポーズ」と「猿のポーズ」があるのですが、「虎のポーズ」と「猿のポーズ」をするときには明らかに心の感覚が変わります。

虎になるときは勇猛に、猿になるときは軽快に。

 

自分を超えた何かになれるというのを「演じる」より素早く出来るのが「型」ですね。

 

また、「型」は自分一人でなく、集団で行うことも出来ます。

盆踊り、阿波踊りなどを考えて頂く、みんなで「型」を行うパワーをイメージしやすいかと思います。

 

動きに統一感が生まれ、「みんなで一つの生き物」になったような感覚になる事が型のパワーではないでしょうか。

 

日本と西洋の資本主義の精神

ウェーバーが「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」で明らかにした、キリスト教の「神のために勤勉である結果、蓄財しても良い」という思想は、明らかに日本には当てはまりません。

 

日本はキリスト教が倫理基本じゃないからね。

 

じゃあ何が勤勉に働く思想を牽引したかというと、「働く喜び」なんじゃないかと思います。

 

「みんなで一つになること」は個体の人間にとって悲願でもあります。

 

それを成就できることは「喜び」であり、身体的「快感」を伴います。

(誰かと同じ動きをすると、脳がシンクロの快感を感じるようになっています)

 

誰かと働くことを共有する「型」があるからこそ、「働く喜び」を得やすかった。

 

それが、資本主義の、「働くほどお金が儲かる」というサイクルと合致した結果、今の日本があるんじゃないでしょーか。

 

 

歌舞伎の型を3ヶ月やっての結論は、

 

体幹が鍛えられて美容健康にもいいし、声を出したり、手足を広げたり、普段の人格ではやらない身体のポーズを取るから楽しいぞ!

 

 

歌舞伎 エクササイズ で検索すると、安田登先生の本がヒットしました。

 

今、安田先生の講座も受けてるので、またどこかで書きたいと思います。

 

和の所作、これからもっと流行ると思います☆

 

 

今日も良い一日を祈っています。 

 

 

まな蜜柑より。