まな蜜柑の日記です。お得情報、文芸評論、慶應通信、世界一周、芸能活動のことなど書いています。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まな蜜柑日記~東京女子のお得生活~

読者登録大歓迎。この一度きりの人生をわかちあおう。

今週の発見→花の季節。うたを詠みたくなりますね!

 

こんにちは。春の花を愛でる会代表のまなみです。

まな蜜柑という名前で朗読ガールをしています。

ラジオやテレビが編成の時期で入れ替わり、
学校や各種講座も一段落して、
日常が変化の前の静けさを迎えている頃では無いでしょうか。

3月25日は七十二候の「桜始開(桜はじめてひらく)」。
初桜の開花宣言を終え、東京の桜は次々と開き始めましたね!

私は東京の渋谷区に住んでいるのですが、
毎日、桜があちこちで開いており、
曲がり角ひとつごとに空を見上げています。

桜は名所旧跡だけでなく、
桜を求める人の心がある限り、
どこにでもあるものだと感じております。

今回は、好きな和歌を紹介いたします。

「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」

古今和歌集に収められている在原業平のうたです。

「世の中に、桜がなかったなら、春の心は穏やかだっただろうに、

桜があるばっかりに、いつ咲くのか、いつ散ってしまうのか、と心がそわそわしてしまうよ」

今にも通じる心情ですよね。

花に心躍らせることが出来る毎日がとても有難く感じられます。

一年に一度の桜ある日々を味わっていきましょう。

今日も良い一日を祈っています☆

まな蜜柑より。

(写真は、最近見つけた春の花々です。)

☆【まな蜜柑】 読みガール、歴女、世界異文化ハンター☆

整体師、フリーライター、画家、タレント、慶應通信生。
 
~お便りはこちらへ~
東京都港区東新橋2-18–2 グラディート汐留2F
AVILLASTAGE 内 まなみ 宛